初心者が自由にお金を稼げるようになるには何が必要か?

この記事は8分で読めます

Pocket
LINEで送る


「お金を稼ぎたい!」

この欲求ってすごく普通の事です。


人間どういう事情があれ、
豊かな生活ができるに越したことはありませんからね。

そして豊かな生活する上で、お金は間違いなく、
ないよりはあった方が良いです。



お金があれば、
日常生活のランクを上げることができます。


今まで全身がユニクロの服だったのが、
モンクレールやアルマーニなどの高級ブランドで身を包み、
異性の視線を釘付けにすることもできます。
(人としての魅力は別)

「サイゼリアのドリアうめー」って言っていたのが、
おしゃれなイタリアンのお店で、
コース料理に舌鼓みをうてます。

住むところも、オンボロの木造のアパートから
都心の一等地に居を構えることも出来ます。



で、生活を豊かにしたい人は間違いなく、
お金が欲しいという欲求が少なからず出てきます。


しかし、
こういう欲求がいくら芽生えたところで、
お金の稼ぎ方を知らなければ、その欲求を諦めるか、
目の前の労働に力を入れてしまいます。

ただ、目の前の労働に力を入れたところで給料は変わりませんし、
もし増えたところで、時間はかかるし、少額しかアップしません。


残念ですが、こんなことに力を入れていても
時間の無駄です。


「より早く、より大きく」


これを達成するには
雇用労働以外で収入を増やすしかありません。



しかし困ったことに、
ネットビジネスの初心者の人に関わらず、
ほとんどの日本人が、労働すること以外での
お金の稼ぎ方を知りません。

なので、最初に僕たちが学ばないといけないのは、
どうすれば、お金が稼げるかを知ることです。



初心者を卒業してお金を稼げるようになるにはどうすればいいのか?



どうして大半の日本人はお金の稼ぎ方を
知らないのか、ということについて。


これは、日本の教育に問題があります。


がっつり話すと
めちゃめちゃ長くなるので、
簡単に流れを話しますね。



教育法を作った当初は戦後であり、
その頃の日本は戦争に負けたことで焼け野原状態でした。

そんな日本はアメリカさんの事情とかいろいろあって、
急いで先進国レベルで立て直す必要があったんですね。

でも、そんな優秀な労働力が戦後の日本にはありませんでした。


だから国はまず
「めっちゃ我慢強くて、働くの大好きな人増やすわ!」
と決めて、今の教育法をつくりました。


いうなれば、現在の教育法というのは、
優秀なサラリーマン育成装置、というわけです。


で、この教育法なんですが、
戦後とまるっきり環境が違う今の時代でも
変わらないままなんです。


つまり僕たちは、
心身ともに丈夫で、どんな環境にも適応でき、
協調性を大事にする、ひたすら働き続ける、
労働力提供専用のロボットとしての教育ばかり受けてきたわけです。



だから、今自力でお金を稼げなくたって、
別におかしな話じゃないんです。


だって、教えてもらってないんだから。
日本に起業家が少ないのもうなずけます。


ちなみに、アメリカではすでにお金の教育も実施されています。
そりゃ起業家も多いわけです。



自由を手にするには、このままじゃダメです。

「わからないんで、このままずっと雇われ続けます、」
だと、一生会社のための奴隷ロボットのままです。


会社はあなたのことを助けてはくれません。

利用するだけ利用して、
不要になったり、会社がピンチになったら簡単に捨てます。
壊れちゃったら、捨てて終わりです。

そして会社は、あなたの代わりを新たに補充します。

毎年4月になると、多くの人が会社にわざわざ頭を下げて、
「どうかわたしを奴隷にしてください!」と言ってますからね。


あなたの代わりはいくらでもいます。

だったら、素直に代わりに働いてもらえばいいんです。
無理したり、苦労をしたり、嫌な思いをしてまで、
あなたが会社のために働く必要はありません。





…ということで、
あなたは心置きなく、
お金の稼ぎ方を学びましょう。

理解して、実践できるようになれば
自分でお金を生み出せるようになります。

そうなれば、僕たちの勝ちです。
会社や社会に怯えて暮らす日々とはおさらばです。




では、
どうしたらお金が稼げるようになるのか。




ところで、今ネットビジネスで稼いでいる人は、
元々ビジネス初心者だったにも関わらず
どうして稼げようになったのでしょうか?



ネットビジネスで元々実績があったから?

…まぁ確かに実績があれば多少優位になりますが、
別になくても余裕でできます。

実際僕は実績ありませんでしたし。



莫大な投資資金を持っていた?

…これもあったらいいんですけどね。
でもこれも必須じゃない。
むしろお金はあっても成功できない人は、
ビジネスの世界ではたくさんいます。



多種多様な資格を使って信頼を得ていたから?

…これも違いますね。
実績に近い感じです。
あって損なことはないですけどね。





必要なものは
『お金を稼ぐスキル』です。


これだけ聞くと漠然としててイメージ湧きづらいと思います。


家を建てる事ができれば、欲しい人はお金を払います。
おいしいご飯を作れるなら、食べたい人はお金を払います。
異性にモテるかっこいい服を作れるなら、
モテを意識している人はお金を払います。


これ全部、自分の力でお金を稼ぎ出していますよね?


僕たちに必要なのは、
会社に労働力を提供する以外で価値を提供できるようになることです。



ネットビジネスだと、

商品を買ってもらえる文章書けるとか、
綺麗なホームページを作れるとか、
ツールが作れるとか、ですね。

こういうスキルを持ってる人は
わざわざ会社に雇用される必要はありません。


実際ここ数年、クラウドソーシングで仕事を受注し、
在宅で仕事をするという人も増えてきました。

僕の知人にもクラウドソーシングで生活している人がいます。


彼は元々広告代理店で勤めていまして、
飲食店やIT中小企業などのホームページを作ったり、
LP(ランディングページ)を作っていました。

仕事の評判も良く、
他の大きい広告代理店から引き抜きにあったこともあったそうです。


しかし彼の実働時間は平均12時間。
忙しい時期には15時間以上の労働を強いられていました。

寝る時間もほとんどなく、
朝から晩までひたすら労働です。


食事に誘った時も、
「ごめん、体が動かない・・・」
とお断りされることもしばしば。

さすがにこれに限界を感じた彼は
仕事を辞めることを決意。


今ではクラウドソーシングで仕事をやりつつ、
自由に暮らしています。

彼の作るサイトは受けが良かったこともあり、
彼に直接サイト作成の依頼をする人もいます。

受け取る金額も個人で決められるので、
1サイトつくるだけで数か月暮らせられるそうです。



彼は会社で働いていた時は
毎日朝から晩までボロボロになるまで働いていたわけですが、
月収25万程度。

その数倍の金額を
家にいながら稼いでしまったわけです。

時間もお金もあるので、
今は食事に誘えば必ず来てくれます(^o^)


彼がこういった人生を送れるようになったのも、
素敵なサイトを作るという「お金を稼ぐスキル」があるからです。


今までお金を手にするために「労働力」を提供ていたわけですが、
その代わりになるものを持つ必要があるんです。

それが「お金を稼ぐスキル」ということです。



スキルを手に入れる事が出来たら、
「時給の世界」から脱出することができるからです。



日本の会社員やバイトは、
時間をお金に換える、時給の世界で働いています。

時給の世界では、
どんなに個人の力で利益を出しても、
その利益が個人の給料に反映されることはありません。



あなたが世界的に有名な某ハンバーガーショップで
時給900円のバイトとして働いていたとしますね。

あなたには「ご一緒にポテトはいかがですか?」という、
独自の必殺トークスキルを所持しています。

あなたがそのトークをすると、
必ずお客さんは200円のフライドポテトを買ってくれます。

しゃべるだけで200円稼げるという破格のスキルです(笑)


あなたは1日50人のお客さんにこのトークをした場合、
他の人より10000円多く利益を生み出すことができるわけです。

1ヶ月フルタイムで出勤すれば約20万円稼ぐわけです。

お店としては、
あなたがレジに入るだけで1日10000円売上が増えるので
貴重な戦力として数えてくれるでしょう。
店長もあなたのことを気に入ってくれると思います。


しかしあなたにとっては良い事はほとんどありません。

このハンバーガーショップは時給の世界であり、
あなたは時間を対価にしてお金をもらう契約をしています。

あなたは必殺のスキルを使って
1日に10000円利益を生み出す能力があるものの、
そこで生み出しされた利益は、
あなたの収入に1円も反映されることはありません。

なぜなら、
時給の世界では時間がお金に変わるから。

あなたがどんなにすばらしいスキルをつかって成果を出しても、
他の人と変わらない給料しかもらえません。

せいぜい得られるのは店長の信頼くらいです(0円)



こういうスキルは自分のビジネスに使いましょう。

自分でハンバーガーショップを出店すれば、
フライドポテトを確実に売るスキルは
真の力を発揮します。

確実にフライドポテトを売るスキルは
あなたの収入に全て直結します。




お金を稼ぐスキルを手に入れると、
時給の世界以上にお金を稼げてしまいます。

時給の世界は、時間をお金に換えてたわけですが、
お金を稼ぐスキルは、成果がお金に変わります。


これが成果報酬型です。


時給は時間が大きく関わります。
時間は有限なので、

稼げる金額はどこまでいっても時間に縛られます。
1日中働いても24時間が上限です。
「お金×時間」は越えられない壁が必ず出てくるわけです。


しかし成果報酬は成果さえ出れば収入は青天井です。

日給で3万円稼げるようになれば、
大体100万円くらいです。

成果によってどんどんかわりますので、
成果次第でいくらでもお金を生み出すことができます。



この業界で有名な「みんてぃあ」さんこと、
新田さんは1日で4000万稼いだこともあるそうです。

サラリーマンの年収の数年分を1日で稼いでしまいます。

極端な事例ですが、
本気でやればこれくらい稼げてしまうのです。

誰でも始められて、
スキルを得ることでこんな金額を稼げてしまう。

すごい夢のあるビジネスですね


ということで、
まずはお金を稼ぐスキルを身につけましょう。



どうやってお金を稼ぐスキルを身につければ良いのか?



ちょうど「スキル手に入れよう!」と意気込み、
失敗した例が僕にはあるので、先にそれをお話ししときます。



僕が自由を目指し始めたころ、まだ会社に雇われていたので、
日々の仕事は行っていました。

取引先に行って名刺交換をし、
頭をぺこぺこ下げながら営業をしていました。


「会社で磨いたスキルがネットビジネスで
活かす機会があるはずだ」
「どんな経験も大事。活かすも殺すも自分次第」


あの頃の僕はそう信じていたので、
暑苦しいスーツを身にまとい、真夏の猛暑に耐え、
強烈な日差しを浴びながら外を歩いていました。


今思うと、ずいぶん遠回りなことをしていたと思います(^^;


もちろんこの考え方が完全に間違ってるわけではないですよ。
その時の努力や経験がいつか実を結ぶことはあります。


ですが、今回は別です。

僕の目標は、いち早く自由になって会社を辞めることです。

それなのに、
いつ成果が出るかわからない会社での経験に
時間をかけても仕方ないんです。


しかも、
社会人で学ぶことってネットビジネスで
自由になる事とほとんど関係ないです。


たまにメールで
「起業する前に、就職して社会人の経験があったほうがいいですか?」
「社会人を一度経験して、学んだ方がいいですか?」
という質問をいただきます。


僕はその質問に必ず
「遠回りになるし、ネットビジネスでは
活かすところはほぼないから、やめたほうがいい」
と答えています。



会社に就職して学ぶものは
その会社でしか使えないマイナールールです。

会社の理念とか、社内のルールとか、
飲み会でのしきたりとか、接待とかですね。


で、これを覚えたり、磨いたところで、
ネットビジネスで使う場面は一生こないです。



「会社で役に立つスキル」と
「ネットビジネスでお金を稼ぐスキル」
って全くの別物です。

もちろん、会社で役に立つスキルが
全て役に立たないわけではありませんよ。

僕の知人のようにPCのサイトを作る仕事とかだったら、
大いに役に立つと思います。


だけど僕の仕事は総合職だったので、
外に出て営業することもあれば、
会社で事務をやることもありました。

営業のスキルを磨いたり、
表計算をマニュアル見ながら打ち込んだり…


ちなみにパソコンスキルが残念な僕はExcelがすごく苦手でした。
表計算とか仕組とか全然わかりませんでした。


結局ここで習った営業スキルも
しょぼいExcelのスキルもいまだに活かせていません。
(エクセルとか人にやってもらった方が早いです)


しかも、僕の営業のスキルって、
僕の名刺に会社の名前があったから発揮できていたわけで。

僕の顔がわからなくても
名刺の会社の名前を見ればどこの人間かは一発でわかります。

営業をすれば取引先は話を聞いてくれますし、
実際に提携を結ぶこともできました。


でも名刺から会社の名前が消えると、

「お前どこの誰やねん?」

ってところからスタートなんですよ。


スタートラインから違うっていう。

僕が何の肩書も持たないまま営業をしたところで
成果は半分以下か、もしくは0ですね。


そもそも、
僕は別に独立して営業しようなんてさらさら考えていないのに、
「そんなスキル上げてどうするんだよ!」って話ですよ。



大学時代の僕は、
就活のためにありとあらゆる資格を手にするのに
躍起になっている人たちを見て
「何やってんだろう・・・」
と不思議な生き物を見るような感じで眺めていました。

「教師になる気が全くないのに、
教職免許取ってどうするんだろう?」
「もっと他の事に時間とエネルギーを使えばいいのに」

とあの頃は思っていたのですが、
独立に関係のないスキルを
一生懸命磨いている自分は彼らと全く同じでした。

これに気づいたときは、
「あー!」と思わず言葉が出ました。


このままだと一生独立できないな、と気づいたので、
自分の手でお金を稼ぐスキルを身に着けるところから始めました。



そこで最初にやったのが、せどりです。

CDを安く入れて、
Amazonやヤフオク、メルカリで高く売ってました。

せどりってすごくシンプルです。

安く仕入れて高く売るという、商売の基本です。  
そのためには市場を調べたり、
売れるために文章を工夫したり、
どれくらいのペースで売れるのかを調べたり…

商品の価値というものを考えるいい勉強になりました。

同じCD1枚なのに
人によって払うお金が違うってことは
人によってその商品に対する価値が違うということです。

「どうして価値がかわるのか?」
「どんな状況だったらこの価値が変わるのか?」

とか、こういうことを学べました。


結局せどりは月に10万くらい稼いだあたりから限界を感じたので、
PPCアフィリエイトに切り替えました。

結果、販売のスキルなどを身に付けられました。



僕は初心者の方には
アフィリエイトを推奨しています。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトで稼ぐためには、
必然的にスキルが必要です。

つまりアフィリエイトに挑むことで、
そのままお金を稼ぐ様々なスキルを身に付けられます。

SNS集客、
ネットマーケティング、
コピーライティング……

色々とありますが、
こういったお金を稼げる自立スキルを身に付けられます。



自分で稼ぐスキルがない人は
この先数十年以上、会社に自分の貴重な時間とお金を交換する事しかできません。

晩年にはさびついた機械のような、
ボロボロの肉体だけが残ります。

もしそこから自由であっても、油をさすかの如く、常に薬を保持し、
いつ病院にお世話になるかわからない日々を
悶々と過ごすことになります。
年老いて得た自由は制限のオンパレードです。



会社に属したままだと、
ほとんどの自由が奪われていきます。


趣味に費やす時間も、
好きな人と過ごす時間も、
夢を目指す時間も限られていきます。

それどころか、時給で働いているので、
体調を崩すと満足に休むこともままなりません。

頭が痛かろうが、風邪をひこうが、立つことも辛かろうが、
働かないと収入がなくなるので、体に鞭を打ってでも働かざるを得ません。

それが長年続けば体はボロボロになり、
健康的な体は徐々に失われていきます。


社会で働き続けるリスクは
時間が長くなればなるほど大きく膨れ上がります。

少しでも早くスキルを身につけて、
自由を目指したほうがあなたの心と体のためです。



もちろん、
お金を稼ぐスキルは一朝一夕で、
身に着けられるものではありません。

「1日2日」でとか、「クリックするだけ」とか、「5分でできる」とか
そういった詐欺的なものとは全く違い、
あなたが一生涯使えるものです。

あんなものはデタラメです。


あらためて言いますが、容易ではありません。
途中でくじけそうになることもあるかもしれません。

実際僕も何度かくじけそうになりました。
インプットはできても、アウトプットできない悩みを抱えていました。


ですが、スキルは正しい勉強と実践を繰り返せば、
必ず誰でも習得できます。
諦めずにやってほしいです。



ネットビジネスで成功している人はどんどん増えていってます。
これはある程度成功するための手法が明らかになっているからです。

これらの情報も調べればいくらでもでてきます。


初心者から成功者になって自由を手にするために、
他人に依存しないお金を稼ぐスキルを取得してください。

歯を食いしばって耐えてでも、
このスキルを手に入れられたら自由行きのチケットを手に入れたも同然です。

Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

期間限定プレゼント配布中!

管理人プロフィール

20代男。
元中小企業サラリーマン。

 

現実にも未来にも絶望していた最中、父親の死がきっかけで現実の労働世界から逃亡を目指す。

 

悪戦苦闘したもののなんとか無事逃亡に成功。

 

現在は趣味の読書や音楽鑑賞、
脚本書いたり、時々役者をしながら、
自由な日々を満喫中。

 

好きな漫画は「GIANT KILLING」
「3月のライオン」などなど

 

詳細プロフはこちら


↑押して頂けると、星野が喜びます(笑)