辛い失敗は、進化への一歩~ブログアップデートをミスって学んだこと~

この記事は6分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは、星野です。

以前からご覧になられてる方は一目瞭然だと思うのですが、
ブログの見た目がらっと変えました。

というか、テーマ自体まるごと変えました。

以前までつかっていたのが「blogpress」っていうTCDさんが制作されているテーマだったんですけど、
今回OPENCAGEさんの「ストーク」というテーマに変更してます。


前とぜんぜん違う見た目なので、
「あれ、間違えた?」
と思われるかもしれませんが、間違いなく「星野」のブログですのでご安心を(^^)


今日は、
なんでブログのデザインをわざわざ変えたのか、
そしてそこで得たものについてお話していこうと思います。

 


実のところ言うと、別に変えるつもりはなかったんですよ(^^;

 


自分の安易なミスにより全てが白紙と化し、それを修繕しようとあの手この手で手を尽くしたものの、
自ら壊してしてしまった大事なお店の看板だけは元には戻らなくて。


だから

「もうせっかくだし、テーマ変えちゃおう!」

って思って変えることにしました。

 

正直、ほとんど勢いとノリです(苦笑)

 

 

ことの経緯を話していきますね。

 

最初はblogpressの更新をするだけのつもりだったんです。

ずーっとほったらかしていたので、いい加減更新しなきゃなぁって思って、
テーマの新しいバージョンをダウンロードしました。

このblogpressはちょっと面倒で、ワードプレス内で更新するタイプではなく、
新しいバージョンをダウンロードして、改めてテーマの有効化をする、
という流れだったんです。


つまり、新しいバージョンを有効化するだけでは、
初期状態のブログに戻ってしまうんです。

だから、今までいじってきたデータを
新しいバージョンのテーマに上書きしないといけないわけなんですね。


まぁ当然っちゃ当然の事です。

 

で、いざ取り組み始めた僕ですが……

何を思ったんでしょうか。

 


いきなりそれまで使っていた旧データを完全に削除。

そして、新しいバージョンのblogpressのテーマをアップロードして有効化。

サイトチェックすると、ヘッダーなどがぐちゃぐちゃの、まさに初期状態。

 

 

「……あれ?」

 

 

30秒ほど考え……事の重大さに気づきました。

そこから大慌てで修復を試みました。

旧データを復元できないか手段を講じるも不可能。
とりあえず元の状態に戻そうと、一から調べるものの、
なぜかヘッダーとロゴが被ってしまい、見るも無残なビジュアル。

 

以前はできたんだけどなぁ。
どういう編集をしたのかすら全く覚えだせません。

一応以前参考にさせて頂いたサイトを基に作り直すもなぜか元に戻りません。

 


もはや、なにがなんだかわからない。

 


挙句の果てに、CSSをいじってる時、PC表示のCSSに誤って
スマートフォンのCSSを丸々張り付けるという暴挙までしでかすという大失態まで犯す始末。

人間慌てるとロクな事ありませんね。

ここまでやらかすと、なんか笑ってしまいました。

正直、普通に外注すれば良かったです。


というか、僕はなぜバックアップを取らなかったんですかね?

普通に考えて、データをいじるんだからバックアップ取ればいいのに。

普段当然のようにやってることをミスるとは……
一体何を考えていたんでしょうか?


謎が深まるばかりです。

 

で、こんな失敗連発のボロボロ状態の時にふと思ったんです。

 

「だったら、いっそテーマ変えちゃうか!」

 

って。


元々blogpressに固執していたわけではありませんでした。

blogpressを使っていたのも、「シンプルで見やすいなぁ」っていう理由だけですし。
あ、あとはTCDのテーマ使ったことなかったから使ってみようと思ったくらいかな。

他のブログでは賢威でしたので。

結局、別にこれじゃなきゃダメ!というものでもなかったんです。

 

なら、今回の大きく、そして取り返しのつかなかった凡ミスは、
現状を進展させるチャンスになるな、と。

 

……というわけで、今回、『blogpress』からこの『ストーク』というテーマを変更することにしました。

 

実際このテーマ、すごく使いやすいですし、デザインも綺麗。
構成もシンプルでわかりやすい。

正直良いことだらけで、本当に変えてよかったなぁと素直に思いました。


彼氏に振られて気分一新のために髪を切るという、いかにも失恋の過去を忘れるための
逃避的行動をした結果、他の男性人に一目置かれるようになったみたいです。

 


今回僕は、自分の手でサイトを破壊するという失敗を犯したものの、
その「失敗」というラベルを「変化のチャンス」というラベルに張り替えることで
いい感じの成果を得られました。

サイトは以前より見やすくなり、しかも話のネタまでできてしまいました(笑)


こんな感じに、失敗などのマイナス要素も
ラベルを張り替えることで好転させることができます。

 


失敗したことでも、いくらでも挽回できるものです。

むしろ、その失敗があったからこそ、その後に得られるものは成功は大きくなります優良なものに繋がりました。

 


当然、失敗した途端はへこみますよ。

『あの時こうしておけば……』
『もっとうまく言ったんじゃないだろうか?』

後悔に頭を抱え、胸を痛め、体を硬直させ、
そしてそれを飲み込むまでにどうしても時間を要してしまうわけで。

 


でも、それは「しゃがんだ」だけ。

 

高い所に手を届かそうと場合、ジャンプをします。
そのジャンプの高さを最大化するために、一度しゃがみますよね?
その方が膝のバネを十分に活かせます。


失敗して、一度しゃがんで、ジャンプする。

失敗する前は届くわけ無いって考えてた高さだって、余裕で手が届いてしまうんです。

 

今回僕は初心者ばりのミスをしたことで、
結果的に以前より見やすいサイトになりました。

それは失敗したことで凹んで、しゃがんだからで、
それがさらなら高みに行くための溜めになって、次のいい形に繋がりました。

おそらく、失敗しなかったら、このサイトは以前と変わらないままだったでしょう。

 

こんな感じで失敗に対して好意的なラベルを張ることで、
人はいくらでも成長できます。

もちろん、失敗したことを後悔したり、へこんだりすることは悪いことではありません。

仕事で上司やお客さんに怒られることは辛いですし、気持ちは落ち込みます。
イラッとなってしまうことだってあるでしょう。

 

僕だってそうでした。

まぁ僕の場合は閾値を振り切ってしまったせいで、
完全に「無」と化しましたが(^^;

 


以前ネットニュースかなにかで、「失敗は大事だけど、したくない」というのをチラッと見ました。


気持ちはわかります。

 

でも、残念ながら僕たち人間は、失敗してしまう生き物なのです。
どう頑張っても、100%失敗しないというのは不可能なんです。

そこをどうにかするには、肉体と精神と魂を文字通り『機械化』をするしかないのかもしれません。

ですが、まだそんな時代は来てませんし、来るかもわかりません。
それも正しいのか、良いことなのかどうかもわかりません。

 

 

そんな今では叶わない、途方のない夢物語に逃避するよりも、

『その失敗をどう活かすか、どうラベルを張り替えるか』
『この失敗は何のためにあったのか?』

そこに注力してみてはどうでしょうか?

 

 

それだけで、失敗は全て財産になります。

金銭と違って絶対に無くならなくて、金銀財宝よりも大切で、
それでいて蓄積してどんどん大きくなって、人生を豊かに彩ってくれます。

 


僕の今の人生は失敗続きです。

「もっと勉強しておけば良かった」
「あの時、勇気を出して告白すれば良かった」
「父ともっと話せば良かった」

色んな失敗をしてきています。

恥ずかしい思いも、悔しい思いも、泣きそうになったことも、山のように積み重なっていて。

 


でも、その失敗があったからこそ、今の人生があります。

 

勉強してこなかったから、僕は社畜にならざるを得なかった。
だから人生を変えるために、懸命にネットビシネスを勉強しました。
(もちろんネットビジネスでもたくさん失敗してますよ)


父親ともっと話したいことがあった、もっと色々したいことがあったのに、僕は叶えられなかった。
だから、少しでも実家に帰って、母と一緒に食事もするし、映画も見ます。


彼女は……まぁ、おいといて。

 


失敗を憂う気持ちは十二分にわかります。

でもその失敗を経験し、乗りこえようと思ったからこそ、人は変われます。
小さな進化を積み重ねていくことが、僕たちの人生を豊かにしていくのです。


ガラパゴス諸島のイグアナは環境の変化に伴い進化をしました。


そうしなければ、生きていけなかったから。
食べることができなかったから。


幸いにして、僕たちの周囲には食べ物を含めて豊かな生活環境があります。
だから、海で呼吸ができるようにエラを生やすみたいな進化をしなくても問題ないし、
よっぽどのことがなければ死ぬことはないでしょう。


どころか、日々はどんどん豊かになっていっています。


進化している人たちの面白いアイデアがどんどん具現化され、
ありがたいことにその恩恵を僕たちは頂いています。


だから、その恩恵にすがるだけでも生きていけるかもしれません。

 

ですが、長いようで短い人生において、
進化を止めることは1つの死だと、僕は考えます。

 

わかりやすいのはスマホですね。

今は何をするにしても、スマートフォンは欠かせません。

文明の利器の代表格であるこのツールを扱うことを諦めたお年寄りを見てください。
スマートフォンを扱えないがあまり多くの損をしていることを。

クーポンが使えないから持ってる人たちより高いお金を支払い、
便利なサービスはどんどん増えていく一方、その恩恵を受けられません。


彼らにスマホを持つことを勧めるとこう言います。


「ようわからんから、ええわ」


だけど、自分たちが損をしていると知った途端に、
のべつまくなしに文句を言う。

 

「なんで儂らだけ」
「こんな難しいものを作るな」
「もっとわかりやすくしろ」
「年寄りにも使えるようにしろ」

 

できないわからない自己を正当化し、素敵な環境の変化を否定する。
世界が悪いと嘆き散らす。

もし彼らのマインドを持ったガラパゴス諸島のイグアナがいたら、
残念ながら滅んでいるでしょう。

 


そうならないためにも、失敗してください、恐れないでください。
で、また次にジャンプできるように、しっかりしゃがんで。


そして、進化してください。

 

失敗という過去に囚われるのではなく、
過去を『素敵な未来を築くための一要素』に再定義し直し、
さらなる成長の、未来の糧にしちゃえばいい。

 

そうすれば、人生はステキな成長物語になり、それを自然と楽しむことで顔は正面を向き、
目と鼻の先に広がる光景が想像していたより明るく色づいていることに気づけます。


以前から言ってる通り、成功する最短の手段は『自己の成長』です。
自己を効率よく成長させる方法は、日々を学びに変えてしまうのが一番です。

 

ではどうやって変えるかというと、
物事を『再定義』するのがいいわけです。


今回の僕で言うなら、

 

ブログのアップデート失敗

今より素敵なサイトにチェンジするチャンス

 

と言うふうに再定義したということになります。


また機会があれば、再定義について話していくかもしれませんが、
それはまた僕の気分次第でということで(笑)

 

ではでは、今回は失敗という視点からお話でした。


それでは、また!

 

PS.

僕の祖父は90歳を過ぎてる大往生ですが、普通にスマホやパソコンを使ってます。

時代に順応する力が高いなぁと驚くのと同時に、見習わないとなぁと身にしみます。

 

Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

期間限定プレゼント配布中!

管理人プロフィール

20代男。
元中小企業サラリーマン。

 

現実にも未来にも絶望していた最中、父親の死がきっかけで現実の労働世界から逃亡を目指す。

 

悪戦苦闘したもののなんとか無事逃亡に成功。

 

現在は趣味の読書や音楽鑑賞、
脚本書いたり、時々役者をしながら、
自由な日々を満喫中。

 

好きな漫画は「GIANT KILLING」
「3月のライオン」などなど

 

詳細プロフはこちら


↑押して頂けると、星野が喜びます(笑)